日々のできごとやお知らせ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
木工旋盤体験


photo:森林文化アカデミーから見えた景色




またまた、しぶ〜いワークショップに参加してきました。
去年に引き続き、美濃市にある
森林文化アカデミーという施設で行われた
「木工旋盤体験講座」です。


相変わらず、広い敷地で会場の場所がわからなくなってしまい、
うろうろ車で迷っていたら、知らぬ間に一般道に出てしまいました。汗



さて、今回も自己紹介からワークショップはスタートです。
受講する人たちと入れ替わり立ちかわり
握手して自己紹介するのでう。キンチョーです。^^;



そして、山口先生から去年の復習とデモして下さいました。

 


今回は、そばちょこを作ります。


まずは、外周の荒削りから。



↑ こわごわと、なんとか荒削りができました。





次に底面を削ります。
チャックでつかめるように、溝を掘ります。

溝を掘るのは、難しい・・・・。


午前中は、底を掘るところで終了。

昼食前、30分ほど 和ろくろの職人川上さんによる
デモンストレーションがありました!

 

和ろくろ用の刃物と西洋ろくろ用刃物は
全く形状が違うし、削り方も違います。
和ろくろの方が、かっこよく見えてしまうのは
私だけだろうか・・・・??




↑ 和ろくろ用の刃物

和ろくろをされる職人さんのほとんどは、自分で鍛冶仕事もできるんだ
そうです。
これらの刃物は、自分にあった刃の角度で作られているそうです。
だからこそ、微妙な調節ができないと不便なので
鍛冶仕事もやるんだとか。


↑ そして、こちらが西洋ろくろ用刃物

ほら、形がシンプルでしょ?



*****************


昼食後、また作業の続きにとりかかります。


ふふ〜ん♪

少しだけ、感覚をつかめてきたので
先生に写真を撮ってもらいました。

恐ろしい服装でごめんなさい・・・・・・・。汗





外周がイメージ通りに削れて来ました。


そして、この後、内側をくりぬいていくのですが
これがなかなか大変でした・・・・。


刃物を当てる角度がとても重要で、間違えてしまうと
大怪我をしかねません!


前回、少し怖い思いをしたので、今日は最初から
ずっと緊張感を持って作業を続けてきました。


でも、あと少しで完成間近・・・・って頃に、
またやってしまいました。



ガガガッ・・・


怪しい音がしたので、助手の先生が飛んできて
くれました。



怪我はなかったし、痛い思いもしなかったけど
きれいに削れてた部分が、ギザギザに傷が入ってしまいました。



ふぅ〜〜〜。汗


やっぱ、怖いです。




でもでも、これは体で覚えていくしかないなぁって
思いました。



最後に、サンドペーパーをかけて
完成です♪



しかし、私が仕上げ工程に入った頃には、とっくの昔に
他の生徒さんたちは雑談を楽しんでいたので、
サンドペーパーかけも、充分にできませんでした。残念・・・・。




ささっ。^^



ここからが、次なるお楽しみの時間です♪



 

続きを読む >>
お出かけ comments(12) -